2017/09/30

日本の味付け

味付け 

幼年期を終戦直後の食糧難の時代に過ごしたせいか、人一倍食い意地が張っているようである。

出張で地方に行くと、ホテルや旅館の食事は返上して、町中の大衆食堂で食事することにしている。

経験不足と偏見かもしれないが、北に行くと味付けが濃く(塩辛く)南に行くほど甘い、ように思う。

福岡県あたりでは関東との違いはないようであるが、宮崎、鹿児島、沖縄は明らかに甘いと思う。

出張で宮崎県の日南市に行ったとき、飫肥城の近くで名物の揚げ物を売っていた。

薄茶色のハンペンみたいな揚げ物で早速、買って路上で食したが、素材が良いらしくおいしいのだが、なんとも甘すぎて閉口した。

鹿児島で食べた有名店のさつま揚げも同様だった。

沖縄のスイーツも激甘である。

 沖縄出身で、横浜に長年暮らしていて、親しくしていたSさんが沖縄に帰郷した。

たまたま、その一週間後に、那覇に出張だったので早速電話して再会した。

Sさんが、那覇の国際通りの公設市場の二階に昔よく行った店がある、というのでそこに行った。

下の市場で魚を買い二階に持っていくと刺身や焼き魚、煮魚に調理してくれる。

牧志フィッシュマーケット 

公設市場で売られる南国の魚たち


Sさんの勧めの魚を買い、二階で刺身にしてもらい、その他料理を数品とった。

料理を一口食べたSさんが「この店は前はおいしかったが長く来なかったら味が変わってしまって不味くなった」という。

良く聞いてみると、「昔はこんなに味付けが甘くなかった」とのこと。

もちろん私には甘すぎる。

ピンときた、Sさんは横浜暮らしが長かったので、関東の味付けに慣れてしまっていて、郷里の沖縄の味付けを、「甘すぎる」と感じたのである。

そのことを言ったが、なかなか納得しない。

その後、一年くらいしてまた沖縄に出張で行ったので、さっそくSさんに連絡し、くだんの公設市場で魚を買い、二階の店で料理してもらい別に料理を数品とった。

牧志公設市場 

那覇の市場


Sさんは「おいしい」という。

もちろん私には甘すぎる。

そこで、Sさんに「去年ここに来た時、同じ料理を食べたのを覚えてるか」と聞くと、「もちろん覚えている」という。

その時、「店の味付けが変わり、甘すぎる」といったのも覚えているか、と聞くと「確かにあの時は甘すぎると思ったが今日食べたらそんなことはなくおいしい」、という。

一年間沖縄で暮らしていたため、すっかり、昔の沖縄の味付けになじんでしまったのである。

私がそういうと、確かに沖縄にもとったときは、沖縄の料理はみな甘過ぎると思ったが今はおいしいと言う。

慣れは恐ろしい。

スポンサーサイト
2017/09/29

オオスズメバチとキイロスズメバチの闘い

キイロスズメバチ 

*キイロスズメバチ


 毎年秋になると、あちこちで遠足の子供たちがオオスズメバチやキイロスズメバチに刺されたとか、巣を駆除する様子が、ニュース報道される。

オオスズメバチには子供の頃から思い出がある。

小学生のころ、横浜市と横須賀市の境の金沢区というところに住んでいたが、当時は緑豊かな環境で、春は山百合取り、夏はトンボとり、カブトムシ取りに熱中していた。

朝、カブトムシ取りに行くとカブトムシやクワガタと並んでオオスズメバチが樹液を吸っている。

カブトムシやクワガタを取るにはオオスズメバチが邪魔、しかし刺されたら大変なので往生した思い出がある。

樹液を吸うオオスズメバチ 

*樹液を吸うオオスズメバチ


  数年前、伊豆の滞在所のベランダの屋根の端の方にキイロスズメバチが巣を作っているのを発見した。

黄土色で縞模様で、丸いトックリのような形でなかなか芸術的である。

トマトの実を食べるキイロスズメバチ 

*トマトを吸うキイロスズメバチ


もちろん危険なハチで毎年被害が報告されているのでどうしようかと思ったが自然破壊は好きでないので放置して置いたら次第に大きくなっていった。

洗濯物を干すのに危険だと思ったが静かに近寄ると人間を無視してくれる。

晩秋になるとキイロスズメバチは神経質になり危険なので何とかしないといけないと思っていたところ、10月末頃、ふと、ベランダを見ると、なにかがポタポタと落ちている。

何かと思ってよく見ると、ベランダの床にはキイロスズメバチのバラバラになった死体が

散乱している。

びっくりして良く見ると数匹のオオスズメバチが片端からキイロスズメバチを噛み殺している。

そのうち、オオスズメバチは巣の入り口から中に入っていく、巣に帰ってきたキイロスズメバチが勇敢にかかっていくが、鎧袖一触、全く勝負にならない。

オオスズメバチと巣 

*オオスズメバチ


キイロスズメバチもなかなか獰猛で大したハチだが、オオスズメバチにかかったら全く問題にならない。

オオスズメバチは数匹で、数のうえではキイロスズメバチが圧倒的に多いがてんで勝負にならないのである。

オオスズメバチがキイロスズメバチの巣を襲う、とは聞いていたが、こんなに一方的な勝負になるとは思わなかった。

一時間もたたないうちにオオスズメバチは巣を食い破りズタズタにして帰っていった、キイロスズメバチの幼虫や蛹を持って帰ったのであろう。

もちろん、キイロスズメバチの女王は殺されたのだろう、生き残りのキイロスズメバチがウロウロしているがもう巣の再建はない。

冬になり、無人の(無蜂の)、穴だらけの巣が寒風に吹かれていて無残であった。


2017/09/29

日本ミツバチの死闘

日本ミツバチ 

 伊豆にしばらく滞在していた春の連休のころである。

ゴルフのプレー中、クラブハウスまでの道路を歩いていたら晴天の空が急に暗くなった。

見ると、多数の虫が固まって飛んでいて、そのため暗く感じたのである。

ははあ、これは話に聞いていたミツバチの分蜂だ、と気が付いた。

集団は、雲のようになって飛んで行った。

プレーを終え、宿泊先に帰ると、なんとベランダの先の太い松の木の幹になかったはずの大きなコブが出来ている。

よく見ると、松の木の幹に十重二十重にミツバチがたかっていてこれが大きなコブに見えたのである。

分蜂 

*日本ミツバチの分蜂写真


日本ミツバチは春に分蜂すると聞いていたが、全員で固まって木にとまる、とは知らなかった。

 その後、なんと、ミツバチは宿泊先の軒の中に巣をつくったのである。

ハチミツが取れるかと期待した。

ところが、その年の秋、ミツバチが巣の周りを飛び回っているが、なんか様子がおかしい。

巣を見ると、何と、オオスズメバチがミツバチの巣を襲っているのである。

ものの本では、日本ミツバチは羽ばたいて巣の温度を上げオオスズメバチを撃退する、書いてあったが、いつもそううまく行くとは限らないらしい、巣はたちまちオオスズメバチに占拠され、周りはミツバチの死体の山となった。

手をこまねいて見ているだけで打つ手はない。

自然の世界の生存競争の厳しさを実感した。

 オオスズメバチに関しては後日談がある。


※写真はイメージです


2017/09/27

バーゲン苗のピーマン

Greenpepper at garden 


 5月、行きつけのホームセンターをのぞいた、売れ残りのピーマンの苗を1本30円でバーゲンしていた。

いかにも売れ残りで、水やりもろくにしていないうえ片隅に置かれていて日当たりも悪く下葉が枯れあがっている。

ダメ元と思い3本買った。

家に持って帰り少し大きめのポットに植え替え、日当たりの良い場所に置き、水やり肥料やりをしていると、立ち直り、グングン成長を始めた。

ピーマンの花 

ピーマンの可憐な花


花が付き始めるのを待って庭に植えたところ、順調に生育し、たくさん実がつくようになった。


ピーマン育成中 


なんせ1本30円と安かったので欲張って3本も買ってしまったので収穫を始めると取れすぎで、はじめ喜んでいた家内も、「また取れたのと」だんだん渋い顔になっていった。

子供たち、知人友人にも分けているが9月に入るとますます豊作で処分に窮している。

来年は1本だけにしよう。

2017/09/27

パッションフルーツ

passionfruits 

 10年くらい前ホームセンターでパッションフルーツの苗を見つけ1株購入した。

パッションフルーツは和名「くだものとけい」と言われ花もなかなかユニークである。

購入したのは春であったが、大き目の鉢に移したところ生育順調で、まさに時計のような花が咲いた。

四つほど実がなり夏の終わりに収穫した。

例年、春になると、大好きな赤いハイビスカスと並べて置いて育てている。

パッションフルーツとハイビスカスは、「今年も元気に行こう」と会話していることだろう。

赤花とパッションフルーツ 

パッションフルーツとアカバナ


パッションフルーツは寒さに弱いので冬越しが大変と思われたが、11月末、ツルをバッサリ刈り、坊主にして、ごみ出し用のビニール袋をすっぽりかぶせ隙間を洗濯ばさみでとめて寒風の当たらない場所に放置し、時折水やりしていたら簡単に越冬し、春に芽吹いた。

以後約10年、同じパターンで育て毎年収穫を楽しんでいる。

パッションフルーツは熟すると色が変わり、自然にポトンと落下する、これを収穫する。

横浜でも育つパッションフルーツ 

βカロテン、ビタミンCやB6、カリウム、マグネシウム、葉酸も豊富。アンチエイジングにもってこい。


我が家では、パッションフルーツは主としてジュースに入れる。

収穫量が少ないのでパッションフルーツだけのジュースにはできないので野菜やリンゴ、バナナ等と一緒にミキサーで作るがパッションフルーツは一個でも香と味が強くなかなか風味がある。

パッションフルーツのミックスジュース 


気に入ったので、ツルを切り差し芽したら簡単に活着した。

ただ、ぼうぼうにツルが伸び、場所を取るのでこれ以上鉢は増やせないが毎年楽しめるフルーツである。

 

 

2017/09/27

ゴーヤーと赤い実の記憶

Goya at garden 

 数年前から西向きの窓の夏の日除けにゴーヤーで緑のカーテンを造っている。

日除けだけでなく実がなるので一石二鳥である。

毎年、最後の実はオレンジ色に熟するまで放置し、中の種を取って洗って乾燥させ保存し、翌年五月に種まきする。

苗を買わずにすむし、気に入った品種を毎年栽培できる。

専門書によれば、採集した種による栽培は、親と異なるものになってしまうことがある、とあるが、我が家のゴーヤーは正しく親の性質を受け継いでいるようで成功である。

品種名は忘れた。

この品種は、サイズは小さくプックリと小太りで、スーパーなどで売っているキュウリのお化けのような大型で長いものとは異なる、ミニサイズで好きな姿形だし、食べ切りに適している。

収穫したてのゴーヤ 

収穫したてのゴーヤ。シーズン中はじゃんじゃん生る


なった実は、定番のゴーヤーチャンプルーのほか、甘辛く佃煮にするとなかなか行ける。

ビタミンCが豊富で熱にも強いという。

あの苦さが苦手という人もいると思うが、方法がある。

まず、我が家のような、苦みの少ない品種を選ぶ、ついで、青々としている時に採らず少し熟してから、品種によるのかもしれないが、緑色が薄くなってから採ると苦みが少ないようである。

こんなことができるのも自家栽培ゆえである。

 採ってからすぐ食べずに冷蔵庫で放置しておくと、見た目は変わらないが中の種が赤くなる。

ゴーヤー自体の味は変わらないようである。

正確には、種は白いのであるが、種を包んでいる寒天質のものが赤くなるのである。

この赤い部分が甘い。

赤く熟した種 


この赤い実をみると幼い頃を思い出す。

終戦直後の食糧難のころ、手に入る甘味のものは、このゴーヤーの種とアケビくらいであった。

自宅の垣根にゴーヤーが植えてあり、実がオレンジ色になると食べ頃で、なかの種を取り出し、寒天質を吸うようにして食べた。

そんなわけで長いことゴーヤーは果実だと思っていた。

今食べてみると、そんなに甘くないしおいしいものでもない、しかし懐かしい味である。

日除けなのでゴーヤーを植える場所は窓のすぐ外に限定されるので連作障害が心配で土を入れ替えたりしているがそろそろ限界かとも思う。

チャンプルー 


2017/09/17

「ん」で始まる日本語 んみゃーち


宮古島のビーチ

尻取りゲームをしていて、うっかり「ミカン」など「ん」の字で終わる言葉をいうと負けになる。

日本語には「ん」で始まる言葉はないからであろう。

聞くところによると、アフリカの部族の言葉には「ん」で始まるものがあるという。

日本語には、標準語、方言ともに「ん」で始まる言葉はないと思っていた。

30年くらい前であろうか、仕事で沖縄県の宮古島に出張した。


花笠空港 

宮古島の花笠も模し、「花笠空港」と呼ばれたかつての宮古空港


空港に着くと、「んみゃーち」と大書した看板がある。

初めは何のことかと思ったが、看板の場所が、飛行機をおりた空港ビルの出口になので、推測で、宮古島では「いらっしゃい」「ウエルカム」を「んみゃーち」というのかと思い、空港の職員に聞くと、その通りだった。

方言とは言え、日本語に「ん」で始まる言葉があったのか、と驚いたし感心もした。


宮古島2015観光ステッカー 

マンゴー型の宮古島観光ステッカー。こちらは2005年のもの。(宮古島市より)


ところがである、夕食に入った宮古島一の繁華街にある食堂でメニューを見て再度驚いた。

メニューに「んぎゃな」とある、当時の価格で100円くらいだったと思う。

安価なので、食べられなくてもいいや、と思って注文した。

出てきたのは、菜っ葉を刻んで調味料をかけたもので、ためつすがめつしてから口に入れた、やや苦いだけの菜っ葉で、ある意味なんの変哲もない。

店の人に聞いてみると、海岸などに自生している植物で元手はタダという、道理で安いわけである。

帰宅してから色々調べてみると、「んぎゃな」は標準語で「苦菜」と言われている植物と分かった。

もちろん、食用になる。

ンギャナ

ニガナ。沖縄方言で、ンジャナ、ンギャナ(宮古島)、イムンギャナー、ンジャナバー 


その後も、何回か宮古島に行くことになったが、「ん」で始まる言葉は、この二つだけではなく、

貝のことを「んな」、との芋のことを「んむ」ということがわかったが、まだまだあるらしい。

 先日テレビを見ていたら、宮古島へ行った芸能人が地元の人に「めんそーれ」「めんそ―れ」と言って愛想を振りまいていたが、「メンソーレ」は沖縄本島付近の方言で、宮古島は「んみゃーち」である。

第一、「めんそーれ」も「んみゃーち」も「いらっしゃい」の意味で、旅行客が自分で自分に向って「いらっしゃい」というわけない。

不勉強。

あがりへんなざき 

宮古島東平安名崎(あがりへんなざき)の裏看板

2017/09/17

 猫の額のような庭であるが池を造ろうと思い立ち、ホームセンターで長さ1メートル、幅50センチほどの不整形なプラスチック製の池を買ってきて地中に埋めた。

メダカや苦労して取ってきたオタマジャクシ、買ってきたドジョウなどを入れた。

しばらくたった4月中旬頃の早朝、朝刊を取りに行ったついでにふと池を見ると、水中を30センチくらいの茶色の長いものが泳いでいる。明らかにドジョウと違う、ウナギを入れた覚えがないので不思議に思い、近寄ってよく見るとその長いものはオタマジャクシを追いかけ食べているようだ。

その長いものは私に気が付いたのか浮き上がり池から出て逃げて行った。

姿形といい、逃げる時の様子といい、間違いなく蛇である。

付近にかなり緑は多いが横浜市の真ん中に蛇がいるとは驚いた。

調べてみると、どうもヒバカリという蛇らしい。意外と町中にもいて、特に水中に潜って小魚やオタマジャクシを捕食する、という。ヒバカリという名は、咬まれると「その日ばかりの命」という意味だそうだが実は無毒蛇とのことである。

その後、池の中に死んでいる蛇を見つけた、引き揚げてみると、ヒバカリで、池に入れておいて死んだタニシの貝殻に頭を突っ込んでいる、頭が抜けず窒息死したらしい。

運の悪い蛇である。

2017/09/17

オツネントンボ

イトトンボ

例の池を造ってから各種のトンボが飛来してくるが、極め付きの珍種がオツネントンボであろう。

昨年12月初旬の小春日和、植木の様子を見ていてふと気が付いた、外に出ている台にトンボが止まっている。

この時期にまでアキアカネが生き残っていることはあるが、全く別種のトンボである。

こんな横浜の真ん中にそんなわけがあるか、と思いながら観察すると間違いなくオツネントンボである。

日本には成虫で越冬するトンボが3種類いるがオツネントンボはその1種である。

いずれもイトトンボの仲間で小さく派手さはない。

立派な成虫で、気温が高かったためか元気で、近寄るとなかなか素早く飛び立つ。

翌日もいたが、よく探したが翌々日はいなくなり、以後は姿を見せなかった。

池を造って何年か経つが、このトンボが来たのは1回だけである。

今年の秋も探してみよう。


オツネントンボ 
オツネントンボ(トンボ図鑑より)
2017/09/15

オオシオカラトンボ

大シオカラトンボ 雄 

  庭にホームセンターで買った小さなプラスチック製の池を埋めて魚などを入れて楽しんでいたら、トンボが来るようになった。

自宅は横浜市の中区で元町や中華街まで徒歩で行けるところなのに池を造るとそれまで来ることの少なかった各種のトンボが来るようになったのは驚きであった。

その中でも、都会では珍しいのが大型ヤンマのヤブヤンマで、メスがきて、池から1メートルくらい離して植えてあるミョウガのヤブの中で産卵している。

どうも水辺から離れて産卵するらしい、孵化したヤゴはどうやって水に入るのだろう。

さて主題のオオシオカラトンボであるが、オスもメスもシオカラトンボに良く似ているが少し太めで色も濃い。

池を造ったのが春先だったが、5月末か6月初めになるとオオシオカラトンボのオスがどこからともなくやってきて、池の付近の植木の支柱にとまってナワバリをつくりメスの飛来を待っている。

以後、毎年来るようになり、毎年初対面の際は「また来たな、頑張れよ」と声をかける。

もちろん、前年のオスは死に、別のオスが来ていることはわかっているが、毎年同じところに止っていると前年のオスと再会した気持ちになる。

大シオカラトンボ2 

初めは警戒心旺盛であったが、雑草取りなどでしょっちゅう付近を歩いたり近づいていると、だんだん逃げなくなり、30 センチくらい近くでも平然としているようになる。

たまに仲間のオスが来るとえらい勢いで追い払う、どうも先に来ていた方が強いようだ。

たまにメスが来ると、えたりやオウと交尾し、そのあとメスが尾の先を打ち付けて池に産卵する、オスは上空でメスの産卵をガードする。

夕方になるといずこへか去って行く、晴天だと朝6時頃にはもう植木の支柱にとまってナワバリを見回している。

池の水を交換するためかいぼりしたら底にヤゴがいたので我が家で繁殖しているらしい、あんな小さな池に餌があるのだろうか。

今年の夏は冷夏で8月になっても曇天か雨で、オオシオカラトンボも来たり来なかったとなった、低温が続くこの頃は続けて姿を見せない。

姿を見せなくなって1週間、やっと時折日も出て気温も夏らしくなったが

オオシオカラトンボは姿を見せない。

我が家に来て2カ月半、寿命が尽きたのだろうか、老体は低温に耐えられなかったのだろうか。

来年夏、息子(娘も)に会えるのを楽しみにしている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。