--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/27

蝶で見る地球温暖化

花とツマグロヒョウモン 


 本箱である本を探していたら、探していた本は見つからず、20年以上前に買った蝶類

図鑑がみつかった。

パラパラとめくっているうち、ツマグロヒョウモンの欄で目が止まった。


ツマグロヒョウモンは我が家によく来るヒョウモン蝶の仲間で、オスとメスで羽の色が異

なる中型の蝶である。

オスは名前の通り、オレンジかがった茶色で豹紋がある、メスは羽の先端に黒い部分が

あり、その黒の中央が白くなっていてタスキをかけたようになっている。


ツマグロヒョウモンの雄 

ツマグロヒョウモン 雄


誰が命名したのか知らないがツマグロは「褄黒」の意である、いいえて妙である。


ツマグロヒョウモンの雌 

ツマグロヒョウモン 雌


前記の図鑑では、生息場所は本州の三重県以西とされている。

しかし、日頃あちこちでよく見かける蝶で珍しくしもなんともない。


 考えてみると、確かに以前はこの蝶は横浜にはいなかった。

初めて見たのは高知県のホテルで、さすが高知県は南国と感心したのを覚えている。

この他には横浜にはいなかったナガサキアゲハという南国の蝶も普通に見られる。


ナガサキアゲハ 

ナガサキアゲハ


次第に、蝶などの昆虫の生息北限が北に上昇し、20年まえにはいなかったものが普通

種となっているのである。


南極の古い氷の中の空気の成分の炭酸ガス量と比較して現在の空気中の炭酸ガスが

増加した、と言われているがピンとこないが、このように以前は絶対いなかった蝶が普通にいるということは間違いなく温暖化している、という証左である。


トランプ大統領がパリ協定から離脱した。

南国の動植物が普通に見られ、冬が温かくなる、ということはうれしい。

しかし地球の、そして、人類の将来を考えれば温暖化は放置できない緊急課題だ、ということに思いをいたしてもらいたいものである。

コメント

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。